完済した後の過払いの返還請求

  • 過払い金が発生する業者とは

    • 過払い金の返還請求というと、消費者金融に対して行うのが一般的だと考えられていますが、必ずしも消費者金融だけではありません。


      過払いが発生していれば返還請求をすることは可能です。ですから、消費者金融に限ったことではないと言えるでしょう。


      過払いが発生する理由は利息制限法の上限を超えた融資を行っていたからです。

      アイフルの過払い金情報を簡単に請求できます。

      ですから、利息制限法の上限を超えた融資を受けたことがあるのなら、返還請求が出来る可能性はあります。



      ただ、銀行などの金融機関から借りた場合には、まず発生していないと考えておいた方が良いです。銀行は法令遵守の姿勢がしっかりしていますから、そのために利息制限法の上限を超えて融資を行うことはまずありません。

      ですから、銀行から借りた場合には発生していないと考えられます。発生している可能性があるのは貸金業者です。
      貸金業者の代表的なものが消費者金融だと言えるでしょう。



      貸金業者の中には消費者金融と名乗っていないものもあります。

      たとえば、信販会社が貸金業を行っていることもあるのです。かつては信販会社と名乗っている貸金業者が多くありました。これらも貸金業者として登録して営業をしていますから、法的な位置づけについては消費者金融と同じで、同じ業界に属している業者だと言えるでしょう。

      そのため、やはり利息制限法の上限を超えた融資を行っていたこともあり、過払いが発生している可能性はあると言えるでしょう。


      消費者金融だけではないのです。