ドメイン取得を無料で行えるケース

subpage01

ドメイン取得は基本的にお金がかかりますが、無料でできるケースもあります。

それは契約をするとドメインをプレゼントしてくれるレンタルサーバーに申し込むというものです。
なぜ、ドメイン取得を無料サービスしているレンタルサーバーが存在しているのかというと、ドメインとサーバーの密接な関係がポイントになっています。

レンタルサーバーでウェブサイトを構築する場合、そのサイトへのアクセス方法はIPアドレスを直接入力するか、あるいはドメインとIPアドレスをリンクさせて、ドメインからアクセスできるようにするかのどちらかになります。

人気なマイナビニュースに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

一般的に、ドメインでアクセスできるようにするのが普通なので、サーバーを契約と一緒にドメイン取得を行う人がほとんどですが、その費用を肩代わりすることでほかのサーバーよりも選んでもらいやすくするというのが狙いです。

ただ、注意しないといけないのは、無料で取得したあとも半永久的に無料のまま使い続けられるとは限らないということです。



レンタルサーバーを契約し続ける限り、ドメインも無料で使えるのが普通ですが、もし、サーバーを解約したり、あるいはサーバー会社がなくなったという場合は、ユーザーがお金を払わないといけません。

また、ドメインを実際に持っているのは誰なのかというのもポイントです。

ドメイン取得の情報を要約した情報サイトです。

レンタルサーバー会社が取得して、それを無料でユーザーに貸しているという形になっている場合は、サーバー解約後に引き続き使うのであれば、サーバー会社に対してドメインの譲渡を求める必要があります。


関連リンク

subpage02














起業後に会社名でドメイン取得を行う場合

起業したときに、一緒に会社名のドメイン取得を行うというケースがあります。中には会社名を決める以前に、いくつかの候補の中からドメイン取得可能かどうかを調べておくということもあります。...

NEXT
subpage03














一文字のドメイン取得は可能か

ドメインには一文字だけというものも当然存在しています。つまり、アルファベット27文字のうちのどれか一文字だけのドメインや、0から9までの数字一つだけのドメインです。...

NEXT